【メイクデビュー】(札幌5R)ヴェローチェオロが外から他馬を差し切り新馬勝ち [News]
2020/08/30(日) 14:30
札幌5Rのメイクデビュー札幌(芝1800m)は2番人気ヴェローチェオロ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分55秒4(重)。1馬身半差の2着に4番人気カーディナル、さらに1馬身差の3着に3番人気マイネルグスタフが入った。

ヴェローチェオロは栗東・須貝尚介厩舎の2歳牡馬で、父ゴールドシップ、母プレシャスライフ(母の父タイキシャトル)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ヴェローチェオロ(吉田隼人騎手)
「体の小さい馬ですが、のめるところはありませんでした。後ろを見たら、ついて来られない感じだったので、あとは前だけだと思っていました。一歩目は良いスタートを切れませんでしたが、二の脚でスッと行き脚がつきました。馬場の良い所を選びながら、良い内容で勝てました」

(須貝尚介調教師)
「最初は小倉を予定していましたが、血統的なことを考えて、頭数も少なかったので、こちらにしました。洋芝が血統的に合っていたと思います。今後は、状態が良ければ、連闘になりますが、札幌2歳ステークスに向かう予定です」

2着 カーディナル(横山武史騎手)
「新馬にしては器用な立ち回りをしてくれました。父ハービンジャーですが、馬場が重くて厳しいと思っていましたが、頑張ってくれました。すぐに勝ち上れると思います」

7着 バッソプロフォンド(C.ルメール騎手)
「まだ体が緩いです」