藤岡佑介騎手、日本人初のモーリシャスでの騎乗を終える [News]
2013/12/02(月) 14:27
 11月30日(土)、12月1日(日)の2日間にわたり、モーリシャスのシャン・ド・マルス競馬場で行われた国際騎手招待競走で藤岡佑介騎手(栗東・フリー)が両日あわせて10戦に騎乗した。

・11月30日(土)
 2R 芝1600m スペースビーム 3着/8頭
 4R 芝1500m ハウメニートゥーワン 6着/8頭
 5R 芝1400m ウォーアカデミー 8着/8頭
 6R 芝1500m マスターマスカス 6着/8頭
 8R 芝1400m レジャージェット 6着/8頭

・12月1日(日)
 1R 芝1400m メイドオブマネー 6着/8頭
 2R 芝1400m キャッチザガーズ 8着/8頭
 5R 芝1850m ホワイウォーリー 8着/8頭
 6R 芝1500m アビングトン 2着/8頭
 8R 芝1400m カリナゴ 3着/8頭

 シリーズの結果、クリスチャン・デムーロ騎手(イタリア)などが入ったチーム・ベットオンラインがチーム優勝を果たした。個人優勝は地元モーリシャスのライ・ジョラワン騎手が獲得した。

 藤岡佑介騎手は「日本人騎手として初めてモーリシャスで騎乗するということで、気合いを入れて臨んだのですが、良い結果を残せず残念です。非常にトリッキーなコースで前半は苦しみましたが、最後の方で良い騎乗ができ、多くの人がまた来てくれと言ってくれました。この経験を活かして、今後もこのような国際舞台に立てるよう頑張っていきます」とコメントした。

(JRA発表)