【フェニックス賞】(小倉)ヨカヨカが速いペースの中逃げ粘り二連勝 [News]
2020/08/15(土) 15:25
小倉9Rのフェニックス賞(2歳オープン・芝1200m)は1番人気ヨカヨカ(福永祐一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒9(良)。1馬身半差の2着に3番人気セレッソフレイム、さらにハナ差の3着に2番人気ゴールドチャリスが入った。

ヨカヨカは栗東・谷潔厩舎の2歳牝馬で、父スクワートルスクワート、母ハニーダンサー(母の父Danehill Dancer)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ヨカヨカ(福永祐一騎手)
「一般馬を相手に時計も速く、良い結果を出せました。スタートも前走より良くなりました。逃げたくはなかったのですが、それでも押し切ってくれましたし、今の時期での完成度は高いですね」

2着 セレッソフレイム(小牧太騎手)
「道中、無理をしないでじっとして、どれだけ走るのかと思っていましたが、速い時計にも対応してくれました。良い競馬だったと思います」

3着 ゴールドチャリス(浜中俊騎手)
「体が少し増えて、前走より感じが良かったです。スムーズなレースができましたし、力を出してくれました」

4着 ビゾンテノブファロ(原田和真騎手)
「スタートも行きっぷり良い馬です。ただ、ラチを頼ったり走りにブレがあります。そんな状態でも力を示してくれていますし、真っ直ぐに走らせることができれば良いですね」