【ダリア賞】(新潟)ブルーバードが最後に差し切り2連勝 [News]
2020/08/08(土) 15:46
新潟9Rのダリア賞(2歳オープン・芝1400m)は5番人気ブルーバード(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒4(重)。半馬身差の2着に3番人気ショウナンラスボス、さらにクビ差の3着に1番人気ジャカランダレーンが入った。

ブルーバードは美浦・中舘英二厩舎の2歳牝馬で、父リーチザクラウン、母エーシンベタラネリ(母の父Elusive Quality)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント

1着 ブルーバード(柴田大知騎手)
「ゲートは普通に出ましたが、ダッシュがつかず、後方からになりました。無理に出していかなければ、しっかり脚を使ってくれるので、ジーっとしていました。距離は1600mぐらいまでなら。道悪馬場も大丈夫でした」

2着 ショウナンラスボス(野中悠太郎騎手)
「折り合いもついて距離が延びても大丈夫です。終いもしっかり脚を使ってくれました」

3着 ジャカランダレーン(福永祐一騎手)
「重馬場は2回目でしたが、前回は荒れた馬場。今回は水分を含んだ重い馬場で追い出してからも走りにくそうにしていました。手応えほど伸びてくれませんでした」

5着 アスコルターレ(戸崎圭太騎手)
「スタートして、今日はスピードの乗りが悪かったです。序盤はおっつけ通しで、新馬の時とはイメージが違いました。道悪の馬場が影響しているかもしれません」