【関越S】(新潟)ザダルが堂々抜け出て圧勝 [News]
2020/08/02(日) 17:37
新潟11Rの関越ステークス(3歳以上オープン・芝1800m)は1番人気ザダル(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒3(良)。3馬身差の2着に4番人気ウインガナドル、さらに3/4馬身差の3着に2番人気トリコロールブルーが入った。

ザダルは美浦・大竹正博厩舎の4歳牡馬で、父トーセンラー、母シーザシー(母の父Lemon Drop Kid)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント

1着 ザダル(大竹正博調教師)
「前がすごく飛ばして、終いの脚が際立ちましたね。輸送に関して大人しくなってきたことで、パドックでも1人で引けるようになりました。それが終いの脚に繋がったのだと思います。ただゲートでそわそわしたり、まだ修正するところがあります」

2着 ウインガナドル(松若風馬騎手)
「逃げようと思っていましたが、1頭速い馬がいました。道中は離れた2番手から良いリズムで運べました。最後も前は捕えていますが、勝ち馬の決め手が上でした」

3着 トリコロールブルー(岩田望来騎手)
「瞬発力というより、持続力の方が良いタイプです。この馬も目一杯走っていますが、勝ち馬は強かったです」

4着 プロディガルサン(荻野極騎手)
「前走、かわされてからソラを使っていたので、今日は大胆な競馬をしました。それでも最後の踏ん張りが効いていましたし、能力のある馬です」