【メイクデビュー】(新潟6R)デイトンウェイが接戦を制し新馬勝ち [News]
2020/08/02(日) 14:46
新潟6Rのメイクデビュー新潟(芝1200m)は3番人気デイトンウェイ(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒6(良)。アタマ差の2着に9番人気ナムラスパロー、さらにクビ差の3着に14番人気ヒマラヤクリスが入った。

デイトンウェイは栗東・野中賢二厩舎の2歳牡馬で、父リアルインパクト、母ビバリーヒルズ(母の父スニッツェル)。

レース後のコメント

1着 デイトンウェイ(岩田望来騎手)
「初めてのレースですから、馬群の馬を見るような面を見せていました。気合いを付けるとリズム良く走ってくれました。最後は前が狭くなりましたが、根性を出して抜け出してくれました。初戦としては上手なレースだったと思います」

2着 ナムラスパロー(木幡初也騎手)
「スタートは速くありませんでしたが、外枠でしたから道中は前を見ながら納まった位置でじっとしていました。直線で外に出すと良い伸びを見せてくれました」

3着 ヒマラヤクリス(武士沢友治騎手)
「気の良い馬で、前向きな新馬向きの気性です。少しコトコトしたところがありますが、このまま順調なら楽しみな馬だと思います」

4着 フライングバレル(三浦皇成騎手)
「ゲートは上手く出たのですが、向正面で後ろの馬に乗っかけられてバランスを崩しました。直線では抜け出すのが嫌そうな感じでした。背中の良い馬ですから、これから良くなっていくと思います」