【STV賞】(札幌)ハナズレジェンドがまとめて差し切り勝利 [News]
2020/08/01(土) 16:33
札幌11RのSTV賞(3歳以上3勝クラス・芝1800m)は4番人気ハナズレジェンド(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。半馬身差の2着に3番人気イェッツト、さらにクビ差の3着に5番人気ダンサールが入った。

ハナズレジェンドは栗東・矢作芳人厩舎の7歳牡馬で、父ハーツクライ、母ムーンライトゼファー(母の父Moon Rocket)。通算成績は46戦5勝。

レース後のコメント

1着 ハナズレジェンド(藤岡佑介騎手)
「馬の具合はよく、今回は得意の条件でした。前走は脚を余す形になりましたが、間を突いた方が必ず伸びるタイプです。決め手は一枚上でした」

(矢作芳人調教師)
「追い切りの動きはよく、状態はよかったです。この後は丹頂ステークスを目標にしたいと思います」

3着 ダンサール(団野大成騎手)
「追い切りや状態も良かったです。スタートが得意ではなく後ろからになりました。もう少し早く追い上げたかったのですが、エンジンのかかりが遅く、少し脚を余す形になりました」

5着 ハーメティキスト(池添謙一騎手)
「ゲートで上に上がる形になり、道中はモタモタしていました。道中で下がってくる馬をさばけず、スムーズな競馬ではありませんでした」