新潟県内在住の客に限定して指定席ネット予約発売を再開へ [News]
2020/07/30(木) 11:42
 JRAは、第3回新潟競馬(8月15日から9月6日まで)において、事前にインターネットで指定席を購入した新潟県内在住の客に限定して、開催競馬場への入場を再開すると発表した。
 なお、開催日当日の競馬場窓口での入場券および指定席券の発売は行われない。
 指定席ネット予約発売の詳細は以下の通り。

1.指定席を購入できる客
・新潟県内在住で「指定席ネット予約会員」の客(1人1席限り)
・「指定席ネット予約」の利用にはJRAホームページから事前の会員登録が必要となる。
・新潟県内の住所を登録している客に限り抽選対象となる。
・開催日当日は、公的機関発行の住所が掲載された身分証明書等(例えば運転免許証・パスポート・マイナンバーカード)を確認する。新潟県内在住であることが確認できない場合は入場をお断りする。

2.発売席について
・お客さん同士の身体的距離を確保するため、座席の間隔を空けて発売する。
・すべての開催日を抽選発売とする。残席、キャンセル席の発売はない。
・利用日前日の23時00分まで、キャンセル料は発生しない。体調に不安のある場合などは、JRAホームページの「指定席ネット予約」にログインのうえ、キャンセルの手続きができる。

3.来場客へのお願い
・入場時に検温を実施する。検温の結果、発熱(37.5度以上)や体調不良が確認された場合は入場をお断りする。
・来場の際は、マスクの着用が必須となる。
・大声での会話や声を出しての応援等は控える。
・新型コロナウイルス対策として、競馬場各所に立ち入り規制エリアを設置するとともに、各種イベント、サービス(応援幕の掲出受付など)を休止している。
・場内でのアルコール飲料の販売は休止する。競馬場内での飲酒は控える。
・お客さん自身が指定席利用日、指定席番号の記録をする。
・来場客について、後日、新型コロナウイルスへの感染が判明した場合、JRAホームページでの発生事実の周知および近隣座席を購入した客への個別のお知らせを行うことがある。
・新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保健所などの公的機関の要請により、指定席ネット予約会員の個人情報等を提供する場合がある。
・スマートフォンを持っているお客さんには、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」のダウンロード・登録を推奨する。

(JRAの発表による)