【ジュライS】(阪神)ウインユニファイドが競り合いを制す [News]
2020/07/18(土) 16:13
阪神11Rのジュライステークス(3歳以上オープン・リステッド・ダート1800m)は9番人気ウインユニファイド(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒7(良)。クビ差の2着に1番人気クリンチャー、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気アルドーレが入った。

ウインユニファイドは栗東・飯田雄三厩舎の8歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ユーキャンドゥイット(母の父Gold Alert)。通算成績は54戦6勝。

レース後のコメント

1着 ウインユニファイド(幸英明騎手)
「初めて乗せていただきましたが、癖のない良い馬で、手応え通りしっかり伸びてくれました」

2着 クリンチャー(藤井勘一郎騎手)
「ペースが遅い中、外枠からリズム良くいい感じで運べました。ラスト100m、前を射程にいれて、抜かせるようなところで、一杯になってしまいました。勝ちたかったのですが、悔しいです」

4着 メイプルブラザー(森裕太朗騎手)
「いつもより前の位置で少しかかりましたが、向正面で落ち着いてくれました。スローペースのヨーイドンの競馬になり、追い込み負けしてしまった感じです。それでも走っていますし、早目に外に出せていたらと思います」

5着 オーヴェルニュ(松山弘平騎手)
「今日は折り合いに専念して、スタート良く道中はしっかり我慢してくれました。最後は展開的に厳しくなってしまいましたが、その中で頑張ってくれました」

7着 グレートタイム(福永祐一騎手)
「返し馬から馬が馬っ気を出していて、そのせいか、手応えが悪く集中できていない感じでした。気の悪さを出されてしまいました」