【松前特別】(函館)スズカロングが直線で抜け出して押し切る [News]
2020/06/28(日) 17:57
函館12Rの松前特別(3歳以上2勝クラス・芝2000m)は6番人気スズカロング(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分1秒4(稍重)。3/4馬身差の2着に10番人気ターフェルムジーク、さらに3馬身差の3着に1番人気アドマイヤポラリスが入った。

スズカロングは栗東・橋田満厩舎の6歳牡馬で、父ワークフォース、母スズカローラン(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は34戦4勝。

レース後のコメント
1着 スズカロング(横山武史騎手)
「洋芝のレースを走るのは初めての馬ですが、調教で良い感触を持っていました。半年ぶりというのが心配でしたが、内でじっとしていて、スペースができて抜け出すという器用なレースぶりでした。楽しみな馬です」

2着 ターフェルムジーク(古川吉洋騎手)
「休み明けを一回使った分、馬が良くなっていました。良い位置を走れましたし、最後までよく伸びています。展開さえ向けばこのクラスでも十分やれる力があります」