【2歳未勝利】(阪神1R)ゴールドチャリスが逃げ切って初勝利 [News]
2020/06/27(土) 13:41
阪神1Rの2歳未勝利(芝1400m)は6番人気ゴールドチャリス(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(良)。3/4馬身差の2着に2番人気カスティーリャ、さらにクビ差の3着に1番人気ステラリアが入った。

ゴールドチャリスは栗東・武幸四郎厩舎の2歳牝馬で、父トゥザワールド、母シルバーチャリス(母の父Rainbow Quest)。通算成績は2戦1勝。

レース後のコメント
1着 ゴールドチャリス(浜中俊騎手)
「重い馬場を苦にせず、スピードを発揮してくれました。ただ、まだ頭が高く非力なところがあるのでその点が改善されれば、もっと良い馬になります」

2着 カスティーリャ(松山弘平騎手)
「外枠から好位を取れました。テンでまだズブいところがあるので、今後内枠で揉まれた時がどうかというところですね」

3着 ステラリア(C.ルメール騎手)
「まだ(体が)悪かったです。向正面で馬の間で怖がる面がありました。直線は伸びましたが距離が短い気がします。1600mから1800mぐらいが良いと思います」

4着 ファルヴォーレ(福永祐一騎手)
「初戦同様スタートは出ませんでした。それでも気が良い馬なので、無理せず、直線までリラックスして運びました。直線どれくらい脚を使うかと思いましたが、まだギアが変わり切りませんでした。頭が高く、沈み切りませんでした」

5着 ウインメイユール(和田竜二騎手)
「馬場が重くて行きっぷりが良くありませんでした。内に少しもたれる面がありました。まだ非力な面があるので、もう少しかたい馬場の方が良いと思います」