【多摩川S】(東京)11番人気のレッドレグナントが競り合いを制し4勝目 [News]
2020/06/21(日) 16:20
東京10Rの多摩川ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1400m)は11番人気レッドレグナント(武藤雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒1(稍重)。ハナ差の2着に8番人気レノーア、さらに3/4馬身差の3着に6番人気クラヴィスオレアが入った。

レッドレグナントは美浦・大竹正博厩舎の5歳牝馬で、父ロードカナロア、母エンプレスティアラ(母の父クロフネ)。通算成績は18戦4勝。

レース後のコメント
1着 レッドレグナント(武藤雅騎手)
「チークピーシーズが効いていました。今日は最後まで真面目に走ってくれました。ペースも、少し時計のかかる馬場も、この馬に向きました」

2着 レノーア(石川裕紀人騎手)
「あまり時計の速いレースは苦しい馬なので、今日はチャンスと思っていました。スタートも上手く出てくれて、良い位置を取れました。よく走ってくれただけに勝てず残念です」

3着 クラヴィスオレア(木幡育也騎手)
「自分の競馬はできました。よく走っていると思います。中山の1600mがベストの馬ですが、今日の条件でよく頑張りました。このクラスでも、十分やれる力があります」

4着 レッドイグニス(田辺裕信騎手)
「思ったよりペースが遅くなりました。それでも前回とは違って、最後にもうひと脚使えたのは収穫です」