【UHB杯】(函館)ジョーマンデリンが堂々抜けだし快勝 [News]
2020/06/14(日) 15:54
函館11RのUHB杯(3歳以上3勝クラス・芝1200m)は2番人気ジョーマンデリン(池添謙一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分7秒5(良)。1馬身1/4差の2着に8番人気ザイツィンガー、さらに半馬身差の3着に11番人気インスピレーションが入った。

ジョーマンデリンは栗東・清水久詞厩舎の4歳牝馬で、父ジョーカプチーノ、母ジョーアラマート(母の父キングヘイロー)。通算成績は12戦4勝。

レース後のコメント

1着 ジョーマンデリン(池添謙一騎手)
「強い競馬でした。ゲートを怖がるところがありましたが、その辺りが解消してきました。速いペースでもついていって、4コーナーを堂々まわって横綱相撲でしたね。状態が戻ればやれると思っていたので、勝てて良かったです」

2着 ザイツィンガー(藤岡佑介騎手)
「気負って立ち遅れたので、思い切って溜める作戦に切り替えました。今日の馬場では外を回しても得はないと思い、間を割りましたが、良く差をつめています」

3着 インスピレーション(柴山雄一騎手)
「良い馬ですね。想定していたよりは後ろからになりましたが、速い馬場でよく来ています。すぐチャンスはあると思います」

4着 アスタールビー(古川吉洋騎手)
「ペースが速かったですね。仕方がないので、控える形にしました。少し躊躇していましたが、脚を使っていますし、この経験が生きてくるはずです」