【早苗賞】(新潟)バビットがスローペースの中逃げて後続を振り切る [News]
2020/05/23(土) 16:24
新潟10Rの早苗賞(3歳1勝クラス・芝1800m)は5番人気バビット(団野大成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒8(良)。クビ差の2着に4番人気ロータスランド、さらに半馬身差の3着に12番人気エンデュミオンが入った。

バビットは栗東・浜田多実雄厩舎の3歳牡馬で、父ナカヤマフェスタ、母アートリョウコ(母の父タイキシャトル)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 バビット(団野大成騎手)
「逃げる予定はありませんでした。リズム良く、折り合いをつけて欲しいという指示でしたが、スタートが良くて逃げる形になりました。行きっぷりが良かったので、折り合いをつけるのに苦労しましたが、我慢できました。最後は口向きが悪くてフラフラしてしまいました。もっと良くなると思います。これからの馬です」

2着 ロータスランド(藤田菜七子騎手)
「距離は長くてこのくらいかと思います。番手でなんとか我慢がきいていました。少し寄られるような不利があったのがもったいなかったです。まだ動きが重い感じがあったので、使って次は良くなるでしょう」

5着 サナチャン(丸田恭介騎手)
「ゲート内の立ち方は良かったです。ゲートの出が良かったですし、リズム良く走れました。自分のリズムを守って競馬が出来れば良いですね」