【渡月橋S】(京都)好スタートを切ったアンリミットが逃げ切り勝ち [News]
2020/05/17(日) 16:22
京都10Rの渡月橋ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1400m)は8番人気アンリミット(城戸義政騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(稍重)。1馬身3/4差の2着に4番人気スイーズドリームス、さらに1馬身1/4差の3着に6番人気ジュランビルが入った。

アンリミットは栗東・清水久詞厩舎の5歳牝馬で、父メイショウボーラー、母リミッターブレイク(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は15戦4勝。

レース後のコメント
1着 アンリミット(城戸義政騎手)
「休養の効果で、この馬本来の行きっぷりが戻っていましたし、リズム良く行って最後までしっかり脚を使ってくれました」

2着 スイーズドリームス(浜中俊騎手)
「後ろからになってペースもゆっくりだったので、折り合い重視で運びました。ラストは内にスペースがあいて、そこしかなかったので、そこを突いてよく伸びてくれました。頑張ってくれています」

3着 ジュランビル(鮫島克駿騎手)
「(3コーナーの坂の)下りを使って、メリハリを利かせた競馬をしたかったのですが、思ったより馬自身手応えがずっと無いような感じの中でのレースになってしまいました」

4着 コンパウンダー(幸英明騎手)
「控えるような競馬で、終いはしっかり伸びてくれました。行き過ぎるよりは、控える競馬の方が、この馬には良いと思います」

5着 インスピレーション(太宰啓介騎手)
「前がゴチャついて、ポジションが悪くなりながら、終いは確実に伸びてくれます。もう少し流れてくれればと思います」