【湘南S】(東京)人気のピースワンパラディがクビ差おさえる [News]
2020/05/16(土) 16:20
東京10Rの湘南ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1600m)は1番人気ピースワンパラディ(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒2(稍重)。クビ差の2着に8番人気アドマイヤスコール、さらにアタマ差の3着に5番人気ニシノカツナリが入った。

ピースワンパラディは美浦・大竹正博厩舎の4歳牡馬で、父ジャングルポケット、母クリアソウル(母の父アグネスデジタル)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント
1着 ピースワンパラディ(川田将雅騎手)
「性格に難しいところがある馬ですが、今日は全体的にリズム良くレースをすることが出来ました。これがまた1つ成長に繋がれば良いと思います」

2着 アドマイヤスコール(和田竜二騎手)
「前がなかなか開かず、勝てそうな勢いだったのですが...。今日は1600mでしたが、この距離でもやれそうです」

4着 アガラス(C.ルメール騎手)
「自分のペースで行けました。道中リラックスして息も入りました。少しずつペースを上げて頑張っていたと思います」

5着 アントリューズ(福永祐一騎手)
「スタートして無理せず2、3番手の位置につけられました。追い出してからモタれるところがありましたが、まだこれから良くなる馬だと思います」