【ブリリアントS】(東京)エルデュクラージュが押し切ってOP初勝利 [News]
2020/05/10(日) 17:41
東京10Rのブリリアントステークス(4歳以上オープン・リステッド・ダート2100m)は3番人気エルデュクラージュ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分10秒1(良)。クビ差の2着に2番人気マスターフェンサー、さらに半馬身差の3着に1番人気サトノティターンが入った。

エルデュクラージュは栗東・池添学厩舎の6歳セン馬で、父クロフネ、母エルダンジュ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は22戦6勝。

レース後のコメント
1着 エルデュクラージュ(C.ルメール騎手)
「普段はワンペースなのですが、パワーアップして良い馬になりました。切れる脚を使えるようになり、最後は差し切ってくれました」

2着 マスターフェンサー(福永祐一騎手)
「良いポジションで競馬ができました。ただ良い時と比べるとストライドが小さかったので、もしかすると本調子ではなかったのかもしれません。それでも地力の高さで、ここまで来てくれました」

4着 メイプルブラザー(田中勝春騎手)
「上手く流れに乗れて、ロスなく運ぶことができたので、やったかなと思いましたが、ゴール板が見えたあたりで、フワッとしてしまいました」

6着 プリンシアコメータ(武豊騎手)
「直線は良い感じでしたが、抜けたらソラを使う場面がありました」