【NHKマイルC】(東京)9番人気のラウダシオンが先行抜け出しGI初制覇 [News]
2020/05/10(日) 16:31
東京11Rの第25回NHKマイルカップ(3歳GI・芝1600m)は9番人気ラウダシオン(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分32秒5(良)。1馬身半差の2着に1番人気レシステンシア、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ギルデッドミラーが入った。

ラウダシオンは栗東・斉藤崇史厩舎の3歳牡馬で、父リアルインパクト、母アンティフォナ(母の父Songandaprayer)。通算成績は7戦4勝。

レース後のコメント
1着 ラウダシオン(M.デムーロ騎手)
「前回、良い競馬ができていましたし、ある程度同じペースで走る馬なので、スタート良く、いい位置を取りたいと考えていました。今日は一番良いスタートが切れて良いポジションで、手応え抜群でレースができました。直線では差し切れると思いました。風の強い中のレースでしたが馬も強かったと思います。無観客は寂しく、ガッツポーズも出ませんでしたが、嬉しい勝利でした」

(斉藤崇史調教師)
「装鞍所、パドックから落ち着いていて、良い感じだなと思っていました。ジョッキーも先週、今週と追い切りに乗ってこの馬のことを分かってくれていましたし、短い所を使っていたので、スタートを出てくれれば良い位置につけられると思いましたが、その通り楽に良い位置が取れました。直線は良い手応えでしたし、交わしてくれ、という思いと、逆に後ろから何も来ないで、という気持ちで見ていました。ゴールの時には、人気もなかったですし、これだけ走ってくれて本当に偉い馬だなという思いでした。朝日杯ではマイルで結果が出なかったのですが、一戦ごとにたくましくなっていましたし、体重はそれほど変わっていなくても、筋力がついて良い馬になりました。どこかで(大きいところを)と思っていましたが、ここで勝てて良かったです。味方になると本当に頼もしいジョッキーですね。今後については状態を見て決めようと思います。マイルはギリギリかなと思っていたのですが、今日は時計も速かったですし、この勝ち方ならこなせると思います」

2着 レシステンシア(C.ルメール騎手)
「惜しいレースでした。初の東京で左回りのレースに馬が驚いて物見していました。その分リラックスして、良いペースで行けました。ダイワメジャー産駒らしく、直線で加速しているのですが、勝ち馬のトップスピードが上でした。でも男馬相手に良いレースをしています」

3着 ギルデッドミラー(福永祐一騎手)
「狙った感じの競馬はできましたが、ペースが遅かったです。そうした中でも、よく差し込んで来ています。2走前にクリアできたことを覚えていて、ペースが遅い中でも上手く立ち回ってくれています。これからもっと良くなるでしょうから、来年のヴィクトリアマイルが楽しみです」

4着 タイセイビジョン(石橋脩騎手)
「落ち着いていて、馬の雰囲気は良かったです。前が止まらない馬場でしたし、枠も良かったのでポジションを取りに行こうと考えていました。スタートを決めてその通りになったのですが、出負けした馬が突っ込んできて、少しゴチャつきました。それでも我慢してくれて、ペースが緩い中でもしっかりと走れていました。直線では良いところから追い出しましたが、前が止まりませんでした。ゴチャついたり、ペースが遅かったりしましたが、よく頑張っています」

5着 ルフトシュトローム(D.レーン騎手)
「スタートして出負けして後ろからになりました。3コーナーあたりでスローな流れになり、ポジションが後ろになってしまったことが、マイナスとなりました」

7着 ウイングレイテスト(横山武史騎手)
「終いは必ず脚を使ってくれると思っていました。期待に応えて直線でよく差を詰めてくれました。よく頑張って走っています」