【京都新聞杯】(京都)ディープボンドがクビ差制し重賞初制覇 [News]
2020/05/09(土) 16:35
京都11Rの第68回京都新聞杯(3歳GII・芝2200m)は4番人気ディープボンド(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分11秒7(良)。クビ差の2着に3番人気マンオブスピリット、さらに1馬身半差の3着に2番人気ファルコニアが入った。

ディープボンドは栗東・大久保龍志厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母ゼフィランサス(母の父キングヘイロー)。通算成績は6戦2勝。

レース後のコメント

1着 ディープボンド(和田竜二騎手)
「スタートさえ決まればいいところで競馬できる馬ですからね。強い馬を見ながら競馬ができましたし、皐月賞後ですがさらに力をつけている感じがしたので、自信を持っていました。流れも良かったし、しぶとい脚を使える馬ですから、直線で並んだら大丈夫だろうと思っていました。デビュー前から期待していた馬ですし、成長力もあります。このあとさらに相手が強くなるので、もう一段上に上がってくれればと思います」

(大久保龍志調教師)
「理想的な位置につけられて、安心してみていました。皐月賞はタフな馬場で疲れが残るかなと思っていたのですが、すぐに乗り出せて成長期にかかっているのかなと思いました。和田騎手は乗りなれていますし、何も言わず任せていました。6戦目ですが疲れを見せず、しっかりパフォーマンスしていますし、トモが強くなってきて、成長を感じます。回数を使ってきていますから、来週の状態を見てからにはなりますが、せっかくダービーのチケットをいただけたのでオーナーと相談してからになりますが、良い方に考えたいと思います。距離が延びて良さそうですし、レースはしやすくなると思います」

2着 マンオブスピリット(北村友一騎手)
「返し馬でもまだ緩さを感じました。競馬に行ってまだバランスをとりづらい所がありました。道中は流れに乗るまでに時間がかかりましたが、トップスピードは能力を感じました。これからの馬です」

3着 ファルコニア(川田将雅騎手)
「前走は出して行く形になって、今日は向正面で力んでしまいました。それでもここまで来ているのですから、能力のある馬です」

4着 アドマイヤビルゴ(藤岡康太騎手)
「落ち着きもあってスタートも上手でした。最初のコーナーまで力んでその後は折り合いました。4コーナーで反応してくれましたが、その後はギアが上がりませんでした」

12着 プレシオーソ(北村宏司騎手)
「テンションが高く、終始力んで走っていたように思います。距離も厳しかったかもしれません」

13着 シルヴェリオ(西村淳也騎手)
「行き過ぎてしまいました。申し訳ありません」