【3歳1勝クラス】(阪神6R)好位追走のルリアンが人気に応える [News]
2020/04/19(日) 14:01
阪神6Rの3歳1勝クラス(芝2000m)は1番人気ルリアン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒6(良)。1馬身3/4差の2着に4番人気オールザワールド、さらにクビ差の3着に3番人気サトノパシュートが入った。

ルリアンは栗東・佐々木晶三厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母フレンチバレリーナ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 ルリアン(川田将雅騎手)
「前回より、体が楽になって、その分内容も良くなりました」

(佐々木晶三調教師)
「一度使って、すごく状態が良くなっていましたけど、まだまだ良くなると思います。次はラジオNIKKEI賞に向かう予定です。骨折した馬ですし、ここは無理せず、大事に使っていきたいと思います」

2着 オールザワールド(藤岡佑介騎手)
「前走で上手くガス抜きができたのか、道中リズム良く運べました。まだ体が緩いので、直線は内にささっていましたが、久々にこの馬らしいところを見せてくれました。これから競馬を覚えていけばと思います」

4着 ナリタブレード(三浦皇成騎手)
「体が緩く、まだ走り方が、体を使いこなせていない中、ここまで来ています。現状ワンターンの方が良いのかもしれませんが、体がしっかりしてくれば、こういう条件もこなせると思います」

5着 ウインベイランダー(幸英明騎手)
「少し離して逃げました。楽に逃げられましたし、そんなに負けてはいません。展開次第で、チャンスがあると思います」