【桜花賞】栗東レポート レシステンシア(武豊騎手) [News]
2020/04/08(水) 15:37
12日(日)阪神競馬場で行われる第80回桜花賞(GI)に出走予定のレシステンシア(牝3、松下)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

レシステンシアについて、武豊騎手

・(新馬戦に乗った時のイメージは)調教もいい動きをしていると聞いていたので期待して臨みました。期待通りの力強い動きでした。同時に敏感な性格があるなというところでした。道中も外に逃げるという難しい面はありましたが直線の伸び脚などから能力は感じました。

・(これまで全てのレースからの印象)デビュー戦以降乗っていなかったのですが強い内容で重賞、GIと勝ちました。特に阪神JFは見ていても驚くような内容でしたからその強さを改めて感じました。キャリアが短いのでどんなレースが良いのか、まだわかりません。

・(一週前追い切りの印象)感触を確かめる程度であまり速くならないようにという指示でした。軽い追い切りでしたが馬が力強くて状態の良さも伝わって来ました。新馬戦の時と比べて成長を感じました。

・(桜花賞のポイントは)3歳の春でキャリアの浅い牝馬のレースで不確定要素が多いですね。馬に対しても手探りの中でのクラシックレースです。乗り甲斐があって難しいレースです。

・(令和最初の桜花賞だが)そうですね、良い馬とコンビを組んで出られますからこのチャンスをモノにしたい気持ちは大きいです。

・今日の追い切りは思ったよりタイムが速かったですね。軽く伸ばしてということでしたが、それであれだけのタイムが出ますから改めてポテンシャルの高さを感じました。ますますレースが楽しみになりました。

・今(世の中は)大変な状況ですが我々は競馬を通して、メディアを通じてファンの皆さんに楽しんでもらえると信じて全力で騎乗するだけなので少しでも楽しんでもらえるよう頑張ります。

《取材:檜川彰人》