【春風S】(中山)ルッジェーロが外から差し切る [News]
2020/04/05(日) 16:35
中山11Rの春風ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1200m)は4番人気ルッジェーロ(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒5(稍重)。クビ差の2着に5番人気シスル、さらに3/4馬身差の3着に2番人気ロードラズライトが入った。

ルッジェーロは美浦・鹿戸雄一厩舎の5歳セン馬で、父キンシャサノキセキ、母シルヴァーカップ(母の父Almutawakel)。通算成績は21戦4勝。

レース後のコメント
1着 ルッジェーロ(三浦皇成騎手)
「調教で乗って癖をつかんでいましたし、トモの感じも良くなっていたので、自信を持って乗れました。直線では手前を変えてからも良い伸びでした」

2着 シスル(木幡巧也騎手)
「途中から来られても怯むことなく、冷静で我慢が利いていました。行き切っても良かったのですが、この形(逃げない形)でも好走できたことは収穫ですね」

3着 ロードラズライト(田中健騎手)
「内枠ということもありますし、しまいはよく来ています。頑張ってくれています」