【難波S】(阪神)セラピアが直線で抜け出す [News]
2020/04/05(日) 16:01
阪神10Rの難波ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1800m)は3番人気セラピア(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分45秒3(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ボッケリーニ、さらに2馬身差の3着に4番人気エングレーバーが入った。

セラピアは栗東・藤岡健一厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ララア(母の父Tapit)。通算成績は7戦4勝。

レース後のコメント
1着 セラピア(M.デムーロ騎手)
「強かったです。うまく息を入れられて、良い展開でした。能力があります。折り合って運べれば、上でもやれると思います」

2着 ボッケリーニ(川田将雅騎手)
「勝ち馬が強かったですが、良い内容で走れています」

3着 エングレーバー(藤岡佑介騎手)
「久々に体調が良く、調教から良い動きをしていました。先行馬が速い上がりでしたからね。こちらも差を詰めているのですが......」

4着 ゴータイミング(武豊騎手)
「阪神は合いますね。脚は使っていますが、多頭数で前が有利でしたからね」