【コーラルS】(阪神)レッドルゼルが直線の競り合いを制して勝利 [News]
2020/04/04(土) 17:49
阪神11Rのコーラルステークス(4歳以上オープン・リステッド・ダート1400m)は1番人気レッドルゼル(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒5(良)。3/4馬身差の2着に4番人気サクセスエナジー、さらに3馬身半差の3着に6番人気バティスティーニが入った。

レッドルゼルは栗東・安田隆行厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母フレンチノワール(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は10戦5勝。

レース後のコメント
1着 レッドルゼル(川田将雅騎手)
「枠も良く、強い馬を前に見ながら、しっかりと走ってくれました」

(安田隆行調教師)
「まだ緩さがあって、その分伸びしろがあります。秋にはもっと良くなると思います。夏場は得意では無いので、夏前に1戦使って、秋はJBCへ向かいたいですね」

2着 サクセスエナジー(和田竜二騎手)
「良い枠でしたし、思った通りの展開でした。気持ちでやる気を無くさないように、馬の気持ちに任せて運びましたが、ハンデを背負いながら自力でよく頑張っています」

3着 バティスティーニ(北村友一騎手)
「勝ち馬の後ろから良い所で運べました。しっかりと脚を使っていますが、最後は同じ脚色になりました」

5着 ドンフォルティス(藤岡佑介騎手)
「久々の競馬でしたが、苦しくてもしぶとく伸びてくれました。復調の兆しが見えました。能力の高い馬ですし、これをきっかけにして頑張って欲しいです」