【湾岸S】(中山)キングオブコージが直線鮮やかに抜け出してOP入り [News]
2020/04/04(土) 17:44
中山10Rの湾岸ステークス(4歳以上3勝クラス・芝2200m)は1番人気キングオブコージ(横山典弘騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分13秒6(良)。2馬身半差の2着に2番人気レッドアステル、さらに1馬身半差の3着に3番人気エアジーンが入った。

キングオブコージは栗東・安田翔伍厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母ファイノメナ(母の父Galileo)。通算成績は12戦4勝。

レース後のコメント
1着 キングオブコージ(安田翔伍調教師)
「長い距離を使ってきて、この馬の操縦性の良さが活かせるようになってきました。馬も力を付けてきて、もっと距離を延ばしても良いかもしれません」

2着 レッドアステル(L.ヒューイットソン騎手)
「予想以上にゲートが速くて、馬の後ろで我慢させることができなくなり、最後は甘くなってしまいました」

3着 エアジーン(大野拓弥騎手)
「よく伸びていますが、スローペースで外枠でレースがしづらかったです」

4着 イェッツト(M.デムーロ騎手)
「思ったよりも最後は甘くなってしまいました。もっと乾いた馬場の方が良かったかも知れません」