【大阪杯】栗東レポート ブラストワンピース(川田将雅騎手) [News]
2020/04/01(水) 18:22
4月5日(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(GI)に出走予定のブラストワンピース(牡5、美浦・大竹正博厩舎)について、騎乗予定の川田将雅騎手のコメントは以下の通り。

「(前走は)凱旋門賞からの久しぶりのレースで精神面を一番心配していたのですが、そういう影響を感じることもなく、いい雰囲気でレースを迎えることができたと思います。レース自体も斜め前の馬が故障してしまうアクシデントはありましたが、その馬と接触しながらも気持ちを切らさずに走り切ってくれたので、無事に結果を得ることができて良かったと思いますし、改めてブラストがしっかりとした走りをしてくれて、ホッとしたな、というところです。
凱旋門賞は特殊な馬場になったことによって、結果が伴うことはできなかったですが、札幌記念、前回ととてもいい内容で走ってくれていると思いますし、そこで着差はわずかですが勝ち切っているところがこの馬の強さだと思います。
距離に関してはこのくらいが一番良いんじゃないかというイメージはあり、阪神競馬場ということが特に問題になるとは思いません。
もちろんグランプリホースなので、この馬にふさわしい結果を得なければいけないと思います。
本当に毎週、こうやって競馬をさせていただけていることがありがたく思っていますし、競馬場にお客さんはいないですが、テレビの向こうで応援してくれている、楽しみにしてもらえているお客さんのために、という思いで、本当に皆、精一杯の競馬をさせていただいていると思っていますので、家の中で待機する時間が圧倒的に長い状況にはなってしまっていますが、テレビを通して少しでも、競馬を通して気分転換なり楽しみなりいろんなものを忘れて競馬で盛り上がってくれたらな、という思いです。
コースとしてはフェアなコースなので、枠順によって、どういう並びになるかによって、結果が変わってくるかと思いますが、この馬らしい競馬ができれば、という思いです。
(大阪杯は自身が)なかなか勝ち切れていないので、申し訳ないなと思いますが、何よりもブラストがまた再び日本のGIにチャレンジするわけですし、やはりこの馬らしい、この馬にふさわしい結果を得なければいけない立場だと思っていますし、それを得るために精一杯の仕事をブラストとともにできればなと思います」

(取材:山本直)