【大阪杯】栗東レポート クロノジェネシス(北村友一騎手) [News]
2020/04/01(水) 18:21
4月5日(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(GI)に出走予定のクロノジェネシス(牝4、栗東・斉藤崇史厩舎)について、騎乗予定の北村友一騎手のコメントは以下の通り。

「(前走は)シンプルに強かったと思いますし、いい内容で終えられたので、すごく良かったと思います。
前走の追い切りからすごく力をつけていて、それでいて前進気勢が強くなっていたので、追い切りでも折り合いを欠いて少し引っかかるところはありましたし、レースではそのあたりを一番に心配していました。
本当に力をつけてくれていて、体も大きくなりましたし、馬体重が示す通りの体つきになっていると思います。
テンションが一番の課題だなと思っているので、そのあたりが追い切りでどうなのかな、と自分の中で感触を得たかったんですけど、先週と今週乗せていただいて、ペースが遅い中でも我慢が出来ていたので、そこはすごく良かったかなと思いますね。追い切りも最後までやめるところがなくて、力強さが出てきたと思います。
GIで牡馬と対戦は未経験なので、その辺は正直やってみないとわからないところもありますけど、クロノジェネシス自身は状態がすごく良いので、何とか牡馬に交じっても頑張ってもらいたいと思います。デビューからずっとコンビを組ませていただいて、今回も大阪杯に乗れるということで、乗せてもらえるのが当たり前ではないですし、感謝の気持ちを持って、ずっとコンビを組んでいる強い絆を持って頑張りたいと思います。
競馬場はすごく静かでシーンとしているんですけど、馬自体は賢くて、お客さんがいなくても一生懸命走ってくれるので、馬の力を100%、僕自身が引き出せるように、良いところを見せられるように頑張りたいと思います。
馬自身は器用なタイプですし、正直、ここが良いという枠はないですね。枠によって臨機応変に組み立てられれば良いと思います」

(取材:山本直)