【マーチS】(中山)スワーヴアラミスが接戦を制し重賞初制覇 [News]
2020/03/31(火) 16:13
中山11Rの第27回マーチステークス(4歳以上GIII・ダート1800m)は1番人気スワーヴアラミス(藤岡康太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(稍重)。クビ差の2着に4番人気クリンチャー、さらに2馬身半差の3着に8番人気レピアーウィットが入った。

スワーヴアラミスは栗東・須貝尚介厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母ベイトゥベイ(母の父Sligo Bay)。通算成績は18戦6勝。

レース後のコメント

1着 スワーヴアラミス(藤岡康太騎手)
「厩舎がうまく調整してくれて、状態がとてもよかったです。ただ気持ちの面で落ち着きすぎていて、スタートの反応も少し鈍かったです。道中は気合をつけっぱなしでしたし、直線ではもたれるのを修正しながらでした。よくしのいでくれました」

2着 クリンチャー(石橋脩騎手)
「初めてのダートスタートだったので気を付けていました。ですから、つまずいて出ても最小限のロスですみました。レース前は中団を考えていましたが、リズムを崩したくなかったので、位置を取りにはいきませんでした。3コーナーで前がバタバタしたので思い切って自分の競馬に徹しましたが、3から4コーナーでの反応がよくて、勢いよく上がっていきましたし、これならと思いました。ただ勝ち馬と併せてから、向こうも頑張りましたね」

3着 レピアーウィット(石川裕紀人騎手)
「ところどころ集中力の切れるところがあります。砂を被った時が課題だったのですが、馬具を工夫して、その効果がありました」

4着 アシャカトブ(武藤雅騎手)
「競馬の内容は良かったと思います。能力がありますし、力をつけています」

5着 メイショウワザシ(柴田善臣騎手)
「自分の競馬をすることができました。頑張ってはいますが、このメンバーを相手にすると、もうワンパンチ欲しいです」

6着 コマビショウ(津村明秀騎手)
「馬が成長して良くなっていました。ただ、ところどころでフワフワして、ちゃんと追走できないところがあるので、そこが進んでいくようになるといいです。力をつけていますよ」

9着 タイムフライヤー(F.ミナリク騎手)
「中団から、内内を回る競馬でした。今日のような2ターンだと集中力が途切れるのか、大きい競馬でワンターンの方がいいように思います」