【3歳1勝クラス】(中山5R)エンプティチェアが抜け出し2勝目 [News]
2020/03/31(火) 15:11
中山5Rの3歳1勝クラス(ダート1200m)は1番人気エンプティチェア(F.ミナリク騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒9(稍重)。1馬身1/4差の2着に5番人気サイクロトロン、さらに2馬身半差の3着に2番人気バウンティハンターが入った。

エンプティチェアは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父リアルインパクト、母トウカイデンヒル(母の父デインヒル)。通算成績は8戦2勝。

レース後のコメント

1着 エンプティチェア(F.ミナリク騎手)
「前半のペースは遅かったのですが、それ以外はすごくスムーズに競馬ができました。しっかりと勝ってくれました。上のクラスに行っても力は通用すると思います」

2着 サイクロトロン(田辺裕信騎手)
「馬は良いのですが、緩さというか、休み明けの分があったのかもしれません。それでも調教では動いていて、身が入ってきました」

3着 バウンティハンター(黛弘人騎手)
「ゲート入りで少し渋っていました。末脚はしっかりと使ってくれましたし、このクラスならやれると思います」