【四国新聞杯】(阪神)マルシュロレーヌが内から抜け出して3勝目 [News]
2020/03/29(日) 14:25
阪神9Rの四国新聞杯(4歳以上2勝クラス・牝馬・芝2000m)は5番人気マルシュロレーヌ(坂井瑠星騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(稍重)。半馬身差の2着に2番人気ランブリングアレー、さらに半馬身差の3着に8番人気アルファライズが入った。

マルシュロレーヌは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牝馬で、父オルフェーヴル、母ヴィートマルシェ(母の父フレンチデピュティ)。通算成績は8戦3勝

レース後のコメント
1着 マルシュロレーヌ(坂井瑠星騎手)
「イメージ通りでした。終始手応えが良く、直線も良い脚でした。よく頑張っています」

2着 ランブリングアレー(吉田隼人騎手)
「4コーナーで外に逃げるところや気難しさも少しありますし、先頭に立つと待つところもありました。それでも落ち着きが出てきていますし、成長が伺えます」

3着 アルファライズ(斎藤新騎手)
「この枠ですし、積極的に行こうと思いました。いつもと違う形になりましたが、最後までしぶとく頑張っています」

4着 カセドラルベル(岩田望来騎手)
「良い感じで進んでいましたが...。休み明けのせいかもしれませんが、よく分かりません」