【3歳1勝クラス】(阪神7R)メイショウチタンが馬群から抜け出して勝利 [News]
2020/03/29(日) 13:48
阪神7Rの3歳1勝クラス(芝1400m)は8番人気メイショウチタン(泉谷楓真騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒2(稍重)。1馬身1/4差の2着に1番人気スワーヴドン、さらにクビ差の3着に7番人気ミスビアンカが入った。

メイショウチタンは栗東・本田優厩舎の3歳牡馬で、父ロードカナロア、母ラルティスタ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は9戦2勝。

レース後のコメント
1着 メイショウチタン(泉谷楓真騎手)
「内にもたれるところがあって、それを気にして最後に外へ張ってしまいましたが、元々これくらいは走る力を持っています。今日は力通りでした」

2着 スワーヴドン(坂井瑠星騎手)
「リズムよく1400mの流れで運べました。直線もしっかりと反応していますが、勝ち馬は3kg差。その分の差でしょうか」

3着 ミスビアンカ(荻野極騎手)
「ハナを切ろうと思っていましたが、主張して行く馬がいたので、無理せずに、馬のリズムで進めました。最後までよく踏ん張っていますし、芝でもやれるところを証明しました」

5着 マートルフィールド(藤井勘一郎騎手)
「距離短縮で、少し忙しかったです。最後はしっかりと詰めてきています」