【君子蘭賞】(阪神)ボンオムトゥックが直線抜け出して快勝 [News]
2020/03/28(土) 15:40
阪神9Rの君子蘭賞(3歳1勝クラス・牝馬・芝1800m)は3番人気ボンオムトゥック(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒1(稍重)。2馬身半差の2着に4番人気セウラサーリ、さらにアタマ差の3着に11番人気ザイラが入った。

ボンオムトゥックは栗東・高橋亮厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母ガラアフェアー(母の父ダイワメジャー)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 ボンオムトゥック(松山弘平騎手)
「スタートよく2番手で、楽なペースでいい形で流れに乗れました。追ってからも後ろを突き放す強い競馬を見せてくれました」

2着 セウラサーリ(幸英明騎手)
「終いはしっかり伸びています。昇級初戦ながらしっかり走っています。次も楽しみです」

3着 ザイラ(中谷雄太騎手)
「楽に先手をとって抜け出せました。残せるだろうと思いましたが...。追い出してからもうひと脚使えたら良いですね。勝ち馬にはそこを突かれて抜け出されました」

4着 ソフトフルート(福永祐一騎手)
「スタートを決めて良い位置で流れに乗れましたが、この馬はもう少し距離があった方が良さそうです」

5着 オーマイダーリン(武豊騎手)
「スローで前残りになったのはありますが、ラストの反応も思ったほど切れませんでした」