【3歳1勝クラス】(中山7R)ビップウインクが外から差し切って2勝目 [News]
2020/03/28(土) 14:41
中山7Rの3歳1勝クラス(芝1200m)は2番人気ビップウインク(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒0(良)。3馬身半差の2着に14番人気トロワマルス、さらにクビ差の3着に1番人気マイネルテナシャスが入った。

ビップウインクは栗東・清水久詞厩舎の3歳牝馬で、父エイシンフラッシュ、母ディマクコンダ(母の父バチアー)。通算成績は5戦2勝。

レース後のコメント
1着 ビップウインク(岩田康誠騎手)
「大外枠でしたが、良いポジションを取れました。追ってからの反応が素晴らしく、期待通りの脚を使ってくれました。距離を短縮して2連勝ですが、もう少し距離が延びても対応してくれると思います」

2着 トロワマルス(木幡初也騎手)
「攻め馬は動くのですが、噛み合わせが悪く、カーッとなって走ってしまいます。ゲートを出ても行かせずに控えて壁を作って、脚を使えるようにしました。勝ち馬は強かったのですが、脚を使っています。こういう競馬ができれば、さらに幅が広がると思います。スタートしてからしばらく力むところがあるので、そこがリラックスして走れれば、更に良くなると思います」

5着 ドラゴンズバック(勝浦正樹騎手)
「芝が良いのでしょうか。返し馬から感じが良く、気の良い馬です。終いを伸ばしてみようという競馬で、脚を使ってくれました。結果が5着というだけで、感じは良かったです。距離は長くない方が良いと思います」

8着 テリオスヒメ(吉田豊騎手)
「良いスピードがありますが、体が伸びきってしまいます。追って味がありませんでした。体が詰まって走ってくれれば良いですね」

12着 スウィートメリナ(田辺裕信騎手)
「新馬以来の1200mでしたし、脚が溜まりませんでした」