【阪神大賞典】(阪神11R)ユーキャンスマイルが狭いところを抜け出して重賞3勝目 [News]
2020/03/22(日) 17:15
阪神11Rの阪神大賞典(4歳以上GII・芝3000m)は2番人気ユーキャンスマイル(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分03秒0(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気トーセンカンビーナ、さらに半馬身差の3着に4番人気メイショウテンゲンが入った。

ユーキャンスマイルは栗東・友道康夫厩舎の5歳牡馬で、父キングカメハメハ、母ムードインディゴ(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は15戦6勝。

レース後のコメント
1着 ユーキャンスマイル(岩田康誠騎手)
「スタートの時に(キセキが)横にいなかったので後ろを確認しました。それでも自分のリズムを心掛けて、キセキが来ても慌てずリズムよく行けたと思います。キセキが動いていたのはわかりましたが、一緒に動いたらリズムを崩してしまうので、距離も考えてリズム重視で運びました。3コーナーから外に行きたかったのですが、馬群が固まっていたので内のコースのキセキの後ろをうまく取れたことが勝因です。これで大一番に近づいたと思いますし、無事に行ってもらいたいですね」

2着 トーセンカンビーナ(藤岡康太騎手)
「駐立は我慢してくれましたが、(ゲートを)出るときに体勢が悪くなりました。今日は力んでいるところがあってリズム重視で運びました。直線は狭いスペースを割ってくれていますし、捌き次第では差が詰まったのではないでしょうか」

3着 メイショウテンゲン(松山弘平騎手)
「リズムよく流れに乗れました。ジリっぽくなりやすいので、馬場が渋った方がいいと思います」

4着 ムイトオブリガード(藤岡佑介騎手)
「スタートが決まって予定通り逃げ馬の後ろが取れました。キセキが動いていったのでいいパターンかなと思ったのですが、最後は苦しくなりました。右回りでもやれましたし、楽しみを持って次にいきたいです」

5着 メロディーレーン(岩田望来騎手)
「斤量差を生かそうと積極的にいきました。直線も頑張っていましたし、長い距離でもやれると思います」

7着 キセキ(川田将雅騎手)
「返し馬はいつも通りでしたが、ゲートを出る気も起きず、出た後はひたすら暴走してしまいました。今後、競馬場に来るたびにどう反応するのか心配になるところです」