【スプリングS】(中山11R)ガロアクリークが堂々と抜け出して重賞初V [News]
2020/03/22(日) 16:16
中山11Rのスプリングステークス(3歳GII・芝1800m)は6番人気ガロアクリーク(L.ヒューイットソン騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒8(良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ヴェルトライゼンデ、さらに1馬身3/4差の3着に2番人気サクセッションが入った。

ガロアクリークは美浦・上原博之厩舎の3歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母ゴールドレリック(母の父Kingmambo)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 ガロアクリーク(L.ヒューイットソン騎手)
「追い切りに乗った時の感触が良かったので、いいフィーリングで自信を持って騎乗できました。距離は2000mが限界だと思いますが、次の騎乗も能力でカバーしてくれると信じたいです」

(上原博之調教師)
「キンシャサノキセキ産駒の割りには距離ももちますし、今日も折り合いはついていました。それでも前走の2200mは長かったですから距離短縮は良かったです。元々いいところのある馬ですが、子供っぽさをレースで出していました。経験を積むごとにそれも変わって、今日はすごく落ち着いていました。2000mも大丈夫だと思いますし、次が楽しみです」

2着 ヴェルトライゼンデ(池添謙一騎手)
「トライアル戦ですがしっかり勝っておきたいレースでした。勝負どころでもたついた感じになり一気に交わされてしまって、また伸び返しているのですが届きませんでした。小回りコースなら2000mぐらいに延びた方がいいでしょうし、今日は休み明けで(次走は)状態が上がってくるでしょうから、本番は巻き返したいですね」

3着 サクセッション(三浦皇成騎手)
「これまで早めの競馬をしてきたせいか、思ったより馬が早めに動くような感じになりました。勝ち馬に内に入られた分、外を回らされましたし、今日は遅いペースでも我慢できました。距離も問題なさそうですし、仕掛けのタイミング次第で頑張れそうです」

4着 ファルコニア(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅かったですから、距離は大丈夫な馬ですし、向正面で上がっていきました。ただ、直線の伸びはもう一息で、最後は苦しくなりました。まだ幼い馬ですからこれから成長していきそうです」

5着 アオイクレアトール(田辺裕信騎手)
「前回のレースの感じから楽に先手を取っていけると思っていました。道中はいい感じでいけたのですが、最後は瞬発力の差でしょうか」