【金鯱賞】(中京)断然人気のサートゥルナーリアが今年初戦を快勝 [News]
2020/03/15(日) 16:39
中京11Rの第56回金鯱賞(4歳以上GII・芝2000m)は1番人気サートゥルナーリア(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒6(良)。2馬身差の2着に8番人気サトノソルタス、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ダイワキャグニーが入った。

サートゥルナーリアは栗東・角居勝彦厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母シーザリオ(母の父スペシャルウィーク)。通算成績は9戦6勝。

レース後のコメント
1着 サートゥルナーリア(C.ルメール騎手)
「この馬で、もう一度勝てて嬉しいです。今日は完璧なレースが出来ましたし、最後も良い脚でした。心配はしていませんでしたが、左回りも全然問題ありませんでした。皐月賞馬ですし、今年はもう一度、GIを勝ちたいです」

2着 サトノソルタス(藤岡康太騎手)
「ゲートを出て、流れが落ち着きそうだったので、この馬としては、位置を取りに行きました。外の3番手、壁がなく少し力みましたが、何とか我慢してくれましたし、脚は使ってくれましたが、相手が強かったです」

3着 ダイワキャグニー(内田博幸騎手)
「前走からの上積みはあると思っていましたし、レースは折り合いをつけて、4コーナー手前から、早めに伸ばして行けばと思いましたが、相手の次元が違いました。左回りは走りますし、健闘したと思います」

4着 ギベオン(福永祐一騎手)
「4コーナーまでは理想的でしたが、そこから先が、もう少しスムーズに捌けていれば、もっと良かったのですが」

6着 ニシノデイジー(田辺裕信騎手)
「スローペースになると思っていましたし、この馬としては、良いスタートから、良い位置が取れました。ロスなく運べて、脚を使っていますが、前の馬も脚を使っています」

9着 ブレスジャーニー(松若風馬騎手)
「一発を狙って乗りましたが、ペースが落ち着きすぎてしまい、後ろからでは厳しかったです」

10着 ロードマイウェイ(川田将雅騎手)
「ゲートがうるさく、出られない形になりました。その後も流れが向かず、残念な競馬になりました」

11着 サトノガーネット(岩田望来騎手)
「展開は向きませんでしたが、この馬なりの競馬は、できたと思います」