【心斎橋S】(阪神)ロケットが2番手から押し切る [News]
2020/03/14(土) 17:34
阪神10Rの心斎橋ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1400m)は4番人気ロケット(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(稍重)。クビ差の2着に3番人気ガゼボ、さらにクビ差の3着に1番人気トウカイオラージュが入った。

ロケットは栗東・石橋守厩舎の5歳牝馬で、父ディープスカイ、母モケット(母の父Maria's Mon)。通算成績は11戦4勝。

レース後のコメント
1着 ロケット(幸英明騎手)
「ゲートは速かったのですが、行く馬がいたので、それらを行かせてレースを運びました。道中の折り合いもついて、ラストはしっかり反応して伸びてくれました。上のクラスでも楽しみなレースでした」

2着 ガゼボ(池添謙一騎手)
「スタートはあまりうまくない馬なのですが、今日はいつも以上に良くない感じで、挟まれる形にもなって、思っていたより一つ後ろのポジションになりました。それでもラストは内からしっかり脚を使っています。昇級戦で力のあるところを見せてくれました。メドが立つ内容でした」

3着 トウカイオラージュ(松若風馬騎手)
「スタートも決まって良い雰囲気、良いポジションで競馬ができました。雨も降って馬場も緩かったです。4コーナーでのステッキに反応していますが、馬場の緩さを気にして、最後は加速しきれませんでした」

4着 チカノワール(岩田康誠騎手)
「良い感じで運べて、直線は満を持して追い出しました。でも手応えほどの伸びはありませんでした。悪い馬場はこなせると聞いていたのですが......」