【トリトンS】(中京)伏兵ペプチドバンブーが差し切り勝利 [News]
2020/03/08(日) 17:44
中京11Rのトリトンステークス(4歳以上3勝クラス・芝1600m)は8番人気ペプチドバンブー(菱田裕二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒6(不良)。1馬身1/4差の2着に1番人気ピースワンパラディ、さらに1馬身3/4差の3着に3番人気ダブルシャープが入った。

ペプチドバンブーは栗東・武英智厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母シャペロンルージュ(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は14戦4勝。

レース後のコメント

1着 ペプチドバンブー(菱田裕二騎手)
「勝った時はダートでしたが、後ろからいい脚を使ってくれました。そのイメージでどっしり構えて乗りました。良いときに乗せてもらえました」

2着 ピースワンパラディ(M.デムーロ騎手)
「一頭になると物見をするところがあり、手前をかえるのに時間がかかりました。手前をかえてからもジリジリという感じでした。イメージでは切れる感じだったのですが。この馬場が得意ではないのかもしれません。でも本当に良い馬です」

4着 ボッケリーニ(藤岡康太騎手)
「道中は促しながらの追走でしたが、そんな中でもジリジリと脚を使ってくれています。できれば良馬場で走らせてあげたかったですね」

5着 クリアザトラック(荻野極騎手)
「2番手でもとは思いましたが、馬がやる気を見せたので途中からハナに立ちました。リズムよく運べましたが、ラストは苦しくなりました。良馬場ならもっと違っていたかもしれません」