JRAが平成26年度競馬番組を発表 [News]
2013/11/20(水) 19:02
 JRAは今日、平成26年の競馬番組を発表した。主な変更については以下の通り。

★キーンランドカップの負担重量の変更
 スプリンターズステークス(GI)の前哨戦であるキーンランドカップ(GIII)の負担重量を、収得賞金から増やしていく別定重量から、優勝した重賞の格に応じて増やしていく別定重量(グレード別定)に変更する。

★有馬記念の特別出走奨励金の交付
 競走内容のより一層の充実を図るため、「有馬記念における褒章金交付基準」に代えて、以下のように新たに特別出走奨励金を交付する。
 
 【特別出走奨励金】
 当該年度において、GIレースで3着以内となったことがある馬、または平地の重賞優勝馬のうち、ファン投票上位(10位以内)馬が有馬記念に出走したときに以下の通り特別出走奨励金を交付する。

 1位~3位の馬  2000万円
 4位~5位の馬  1000万円 
 6位~10位の馬 500万円

★GⅠの出走馬決定方法の改善
 3(4)歳以上のGIレースの内容充実を図るため、以下の前哨戦で1着となった馬にGIレースへの優先出走を認める。
 GI競走         前哨戦
フェブラリーステークス  東海ステークス・根岸ステークス
高松宮記念        阪急杯・オーシャンステークス
天皇賞(春)       阪神大賞典・日経賞・大阪杯
ヴィクトリアマイル    阪神牝馬ステークス・福島牝馬ステークス
安田記念         マイラーズカップ・京王杯スプリングカップ
スプリンターズステークス キーンランドカップ・セントウルステークス
天皇賞(秋)       オールカマー・毎日王冠・京都大賞典
エリザベス女王杯     府中牝馬ステークス
マイルチャンピオンシップ 富士ステークス・スワンステークス
チャンピオンズカップ   みやこステークス・武蔵野ステークス

★収得賞金の参入方法の見直しについて
 重賞を除くオープンレースについて、現行「1着本賞金の半額」としている収得賞金への算入額を以下のように定額にする。
 なお、適用は夏季競馬(第3回東京・第3回阪神)からとする。

 平地2歳      800万円(なお、九州産馬限定戦は700万円)
   3歳      1000万円
   3(4)歳以上 1200万円
 障害一般レース   600万円
   特別レース   750万円
 

★障害レースの編成方針について
 障害レースについては、2場開催時や主なオープン競走を除き、原則として第3場での編成を基本とし、同じ日に2レース編成する場合は、同じ場で編成する。

★JRA60周年記念事業について
 平成26年がJRA60周年にあたり、全国10箇所の競馬場で「JRA60周年記念」レースを行い、
各種イベント等を企画する。
 対象レースは、札幌記念・函館記念・七夕賞・新潟記念・天皇賞(秋)・皐月賞・チャンピオンズカップ・菊花賞・宝塚記念・小倉記念。

★ワールドスーパージョッキーズシリーズについて
 ワールドスーパージョッキーズシリーズは来年、第5回東京競馬第4週で行う。

★サマーシリーズについて
 サマーシリーズは、今年に引き続き「サマースプリントシリーズ」「サマーマイルシリーズ」「サマー2000シリーズ」「サマージョッキーシリーズ」を行う。なお、対象レースは今年と同じ。
 また、サマージョッキーズシリーズについては、対象レースをサマーシリーズ実施月間の平地の全重賞レース(25レース)から、「サマースプリントシリーズ」「サマーマイルシリーズ」「サマー2000シリーズ」対象レース(14レース)に変更する。

(JRAの発表による)