【大島特別】(東京)コーラルプリンセスが追い比べからゴール前抜け出す [News]
2020/02/23(日) 17:44
東京12Rの大島特別(4歳以上2勝クラス、ダート1400m)は3番人気コーラルプリンセス(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒2(良)。1馬身1/4差2着に4番人気ドウドウキリシマ、さらに1/2馬身差で3着に10番人気スズカゴーディーが入った。

コーラルプリンセスは美浦・高橋裕厩舎の6歳牝馬で、父クロフネ、母ホーリーブラウン(母の父フジキセキ)。通算成績は28戦4勝。

レース後のコメント
1着 コーラルプリンセス(丸山元気騎手)
「ゲートさえうまく決まれば、これくらいはやれる馬です。ダートなら安定しています」

2着 ドウドウキリシマ(松山弘平騎手)
「スタートも良かったですし、いいポジションで流れに乗れました。最後もよく踏ん張っていますし、このクラスでも十分に戦えます」

3着 スズカゴーディー(石橋脩騎手)
「今日は上手にポケットで脚をためて、ロスなく運べました。一瞬、抜け出せるかと思いましたが...。ただ、このくらいは走れる馬ですし、この条件も合っているのだと思います」