【こぶし賞】(京都)サトノインプレッサが2戦2勝 [News]
2020/02/16(日) 15:43
京都9Rのこぶし賞(3歳1勝クラス・芝1600m)は2番人気サトノインプレッサ(川島信二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分38秒9(重)。クビ差の2着に1番人気ギルデッドミラー、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気ゴールドティアが入った。

サトノインプレッサは栗東・矢作芳人厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母サプレザ(母の父Sahm)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 サトノインプレッサ(川島信二騎手)
「スタートは一息でしたが、位置を気にせずに追走しました。良馬場だったらもっと走れそうです」

(矢作芳人調教師)
「あのスタートではね。テンションが高いのが課題です。良馬場でどれだけ切れるのか見てみたいですし、マイルかそれより長いところへ行くのか、相談して決めたいと思います」

2着 ギルデッドミラー(福永祐一騎手)
「道中力みが取れない中での走りでしたが、それでも脚を使ってくれています。うまく折り合いをつけたいのですが、馬がそばにいると燃えすぎるところがあります。それが解消されれば、能力はあるので、良いパフォーマンスができると思います」

3着 ゴールドティア(北村友一騎手)
「道中の雰囲気が良く、集中力が増していました。追ってからもしっかりと反応してくれました。馬体が良くなっていましたし、センスのある馬ですから、もう少し力をつけてくれば、良い走りができると思います」