【雲雀S】(東京10R)ベストアクターが後方から鋭く追い込む [News]
2020/02/15(土) 16:37
東京10Rの雲雀ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1400m)は1番人気ベストアクター(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒8(良)。クビ差の2着に10番人気チカノワール、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気トウカイオラージュが入った。

ベストアクターは美浦・鹿戸雄一厩舎の6歳セン馬で、父ディープインパクト、母ベストロケーション(母の父クロフネ)。通算成績は11戦5勝。

レース後のコメント
1着 ベストアクター(武豊騎手)
「ゲートを出てからあまり行かなかったので、馬なりで追走していきました。最後はうまく進路が開きました。」

2着 チカノワール(田中勝春騎手)
「脚をためて終いだけの競馬でよく伸びてくれました。状態も良かったようです」

4着 フレッチア(C.ルメール騎手)
「今日はスタートでうまく出ましたが、ずっとプレッシャーが掛かっていましたからね。よく頑張って競馬をしてくれました」

5着 シトラスノート(津村明秀騎手)
「ペースが流れていたところを追いかけて最後は苦しくなりました。坂のあるコースより直線平坦のコースの方がいいような気がします。いい馬です」