【あすなろ賞】(小倉10R)ファルコニアが人気馬同士の競り合いを制す [News]
2020/02/15(土) 16:12
小倉10Rのあすなろ賞(3歳1勝クラス・芝2000m)は2番人気ファルコニア(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒4(良)。ハナ差の2着に1番人気レザネフォール、さらに2馬身差の3着に5番人気スペースシップが入った。

ファルコニアは栗東・角居勝彦厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母カンビーナ(母の父Hawk Wing)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 ファルコニア(藤岡佑介騎手)
「スタートは立ち遅れましたが、人気馬が見えていましたしリズム重視で進めました。外から手応え良く上がっていけて、(2着馬を)交わした後も抜かれることなく首だけ前に出て(ハナ差)辛抱してくれました。まだ幼くて、成長すれば楽しみです」

2着 レザネフォール(鮫島克駿騎手)
「スムーズにレースができました。ゴールは追い比べで(首の上げ下げの)タイミングでしたが、力は出してくれたと思います」

5着 アイロンワークス(吉田隼人騎手)
「前半はバランスを気にせず走ってくれました。3コーナーでは内が開いてスッと入っていけましたが、前走よりタフな馬場になった分、しんどくなったと思います。相手も強くなっていた分もあったと思います。きれいな馬場なら楽しみです」