【メイクデビュー】(東京6R)ロッタチャンセズがゴール前で捕らえる [News]
2020/02/15(土) 14:20
東京6Rのメイクデビュー東京(芝1800m)は4番人気ロッタチャンセズ(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒5(良)。クビ差の2着に3番人気タツオウカケンラン、さらにアタマ差の3着に6番人気メイショウカイコウが入った。

ロッタチャンセズは美浦・堀宣行厩舎の3歳牝馬で、父ディープインパクト、母ワッツダチャンセズ(母の父Diamond Green)。

レース後のコメント
1着 ロッタチャンセズ(石橋脩騎手)
「すごく落ち着いて集中してレースに臨むことができました。内で我慢して、最後はなかなか前が開かなかったのですが、いい瞬発力で突き抜けてくれました。このまま順調にいってほしいですね」

2着 タツオウカケンラン(岩田康誠騎手)
「調教の時よりも落ち着いてレースができました。直線では前に目標がいなかったのですが、最後まで頑張ってくれました」

3着 メイショウカイコウ(柴田善臣騎手)
「背中が良く、このぐらいは走れそうな感じがありました。惜しかったです」

4着 アルベロベッロ(C.ルメール騎手)
「いい感じでしたが少し重かったです。これからです」