【京都記念】栗東レポート~ステイフーリッシュ [News]
2020/02/12(水) 16:14
☆16日(日)京都競馬場で行われる第113回京都記念(GII)に出走を予定しているステイフーリッシュ(牡5、矢作)について追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

◎ステイフーリッシュについて、矢作芳人調教師

•(前走のAJC杯は)久々にいいとこ(ポジション)に付けられて、あの馬本来の競馬ができたのでは無いかと思っています。勝馬はGIホースですから相手が悪かったなという印象です。(この馬は)好位に付けて早め早めの競馬をするのが理想です。

•(レース後は)大きな疲れも無く順調にここに向けて調整を続けてきました。(先週金曜日の追い切りは)想定よりも(時計が)速かったのですが、動きはとても良かったです。

•(今日の最終追い切りは)今日は調整程度と言うか併せるだけで、そんなに(強く)やる必要も無いと感じ、そのような指示でした。今週に関してはほぼ理想通りの追い切りでした。

•(使われた上積みは)あると思います。あまり調教は動かない馬ですが 、それで無理せず思った以上に速い時計が出ていますから状態は間違いなくいいと思います。

•(今回の舞台は?)京都新聞杯以来勝っていませんが当然一番適した条件だと思います。メンバーは強い馬が出て来ますが、この馬もいい勝負をしてくれるのではなかいかと期待しています。

•(今の京都競馬場の馬場については)あまり良くないのでは無いかと思っていましたが前走の中山競馬場の馬場もあまりいい馬場では無いかと思っていたのですが、それを踏まえますと問題無いと考えています。スタッフ一同何とか勝たせてあげたいという気持ちです。

〔取材:檜川彰人〕