【共同通信杯】美浦レポート~ダーリントンホール [News]
2020/02/12(水) 15:33
16日(日)に東京競馬場で行われる共同通信杯(GIII)に出走予定のダーリントンホール(牡3歳)について、追い切り後の木村哲也調教師のコメントは以下の通り。

(前走は、レコード決着の3着でした)
「道中折り合いもついて、良いリズムで運べましたが、最後捉えきれませんでした。残念でしたが、良く頑張っていたと思います」

(ここまでの調整は?)
「一旦牧場に出して、しっかり疲れを取り、リフレッシュしました。厩舎には1カ月前に戻り、稽古をしています」

(中間の調整、動きは?)
「凄く真面目な仔で、走る調教を提案すれば、しっかりと頑張る仔なので、良い動きだったと思います」

(今朝の最終追い切りは、どんな指示を?)
「ジョッキーには、『馬の後ろで折り合いがつくかチェックして、最後は、併せてファイトして下さい』と話しておきました」

(その動きをご覧になって、仕上がり具合は?)
「いつも良い動きをするんですが、今日もいつも通り良い動きをしてくれていました」

(特に良かった点は?)
「リキんでいませんが、それでもエネルギッシュな所があったので、最後まで真面目に走っていました。その点は特に良かったと思います」

(デビューしてからの成長は?)
「一貫して立派な馬で、最初から良い馬だったので、現時点で目に見えて更に変化があったということはありませんが、いつも通りの健康な彼でいてくれています」

(東京の左周り、1800メートルの舞台は?)
「オーナーの期待も高い馬で、遅かれ早かれ、上の方にチャレンジするなら東京競馬場は避けて通れないので、半信半疑ではありますが、どんな競馬をするのか見てみたいですね。ま、ファンの皆さんと同じような気持ちですね」

(レースへの意気込みを)
「強いメンバーが揃うので、実績のある馬達の胸を借りてどこまで頑張れるか、ファンの皆さんに見て頂きたいのと、何とか少しでも良い結果を出したいと思っています」

(取材:木和田篤)