【山城S】(京都10R)~プリディカメントが中団から差し切る [News]
2020/02/09(日) 16:15
京都10Rの山城ステークス(4歳以上3勝クラス・芝1200m)は1番人気プリディカメント(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒6(良)。半馬身差の2着に14番人気イオラニ、さらにクビ差の3着に4番人気ブライティアレディが入った。

プリディカメントは栗東・吉村圭司厩舎の5歳牝馬で、父ハードスパン、母ジェネラスオプション(母の父Cadeaux Genereux)。通算成績は10戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 プリディカメント(武豊騎手)
「ペースが落ち着いてしまいましたが、手応えよく直線に向けました。最後ふらつくようなところがありましたが、能力の高さは感じさせてくれました」

2着 イオラニ(岩田望来騎手)
「後ろからのレースになりましたが、馬が自分の力を出し切ってくれたレースでした」