【アルデバランS】(京都)~ロードレガリスが接戦を制する [News]
2020/02/08(土) 17:06
京都11Rのアルデバランステークス(4歳以上オープン・ダート1900m)は1番人気ロードレガリス(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒3(良)。半馬身差の2着に2番人気スワーヴアラミス、さらに5馬身差の3着に5番人気ブレスジャーニーが入った。

ロードレガリスは栗東・野中賢二厩舎の5歳牡馬で、父ハーツクライ、母レディマーメイド(母の父Fusaichi Pegasus)。通算成績は14戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ロードレガリス(武豊騎手)
「ゲートを出てくれて流れに乗り、手応え良く楽に先頭に立てましたが、耳を絞ってブレーキをかけるところがあり、突き離せませんでした」

(野中賢二調教師)
「この後は一休みさせます。馬の様子を見ながらになりますが、この後は5月の平安Sあたりでしょうか。まだムラな面があります。右にモタれていて、耳を絞ったりしていました。2着馬も強い馬ですし、1キロの斤量差はありましたが、正攻法で勝てましたし、オープンまで来てくれたことを評価したいです」

2着 スワーヴアラミス(藤岡康太騎手)
「スタートを出た後、促しながら良いポジションを取れました。4コーナーで反応してくれて、食い下がっていましたが、相手が強かったです」

3着 ブレスジャーニー(A.シュタルケ騎手)
「砂を被っても気にせず、リズム良く行けました。馬の間に入っても怯まず、気持ちを切らさずに走ってくれました。ダートは合っていると思います」