【エルフィンS】(京都)~デアリングタクトが豪快に差し切り完勝 [News]
2020/02/08(土) 16:13
京都10Rのエルフィンステークス(3歳オープン・リステッド・牝馬・芝1600m)は3番人気デアリングタクト(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分33秒6(良)。4馬身差の2着に2番人気ライティア、さらに2馬身半差の3着に4番人気スマートリアンが入った。

デアリングタクトは栗東・杉山晴紀厩舎の3歳牝馬で、父エピファネイア、母デアリングバード(母の父キングカメハメハ)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 デアリングタクト(松山弘平騎手)
「非常に強かったです。新馬戦で切れる脚が使えるのは分かっていました。持ち味を生かそうと思っていました。リズム良く運べて、すごく良い脚を使ってくれて、余裕もありました」

2着 ライティア(武豊騎手)
「良い感じで運んでいましたが、勝ち馬が強すぎました。もっと良くなると思います」

5着 メタモルフォーゼ(藤岡康太騎手)
「まだ道中は戸惑っています。ゴーサインからの反応も良かったです。慣れれば芝でもやれそうです」

8着 ファーストフォリオ(川田将雅騎手)
「前半で絡まれる形で、かわいそうな競馬でした」