【春菜賞】(東京)~ビッククインバイオが好位から押し切る [News]
2020/02/08(土) 15:53
東京9Rの春菜賞(3歳1勝クラス・牝馬・芝1400m)は2番人気ビッククインバイオ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒7(良)。半馬身差の2着に4番人気クリノプレミアム、さらに2馬身差の3着に10番人気バトルカグヤが入った。

ビッククインバイオは美浦・牧光二厩舎の3歳牝馬で、父キングズベスト、母アニメイトバイオ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は7戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ビッククインバイオ(大野拓弥騎手)
「近走に比べて体が使えていて、行きっぷりが良かったです。それが結果につながったと思います。メリハリの利く展開が合っています。現状はワンターンのゆったりしたペースが合っていると思います」

2着 クリノプレミアム(丸山元気騎手)
「初めて馬込みで走ったので、力みがありました。前が開いてからは、ジリジリと伸びてくれました」

3着 バトルカグヤ(津村明秀騎手)
「相変わらず良いスピードで、しまいもしっかりとしていました。体も良くなってきています。さらに粘りが増せば良いと思います。このぐらいの条件が合っています」

4着 ダイワクンナナ(北村宏司騎手)
「パシュファイヤーを付けてもらって、レース前のテンションは我慢できていました。前半は良い所につけましたが、馬場が硬いので、最後は突っ張って走っていました」